アンティークな部屋

リフォームの準備が非常に大切です

リフォームで大切な事は様々あります。リフォームお願いする会社もそうですし、予算もそうだと思いますが、私の経験の中では、リフォーム前の準備とリフォーム後のア…

シックな部屋

リフォームしたい場所

きれいな部屋

私は堺で一軒家に住んでるのですが、リフォームしたい場所がたくさんあります。
まず1点目は「トイレ」ですね。私の家のトイレはいまだに「ボットン便所」なのです。ボットン便所だとニオイはそこまでしないのですが、家族の汚物を見るのは流石に嫌なものがあるので、水洗トイレにしたいです。そしてウォシュレットも付けたいです。私は痔なので極力お尻を綺麗にしたいのですが、ウォシュレットが無いと、お尻を綺麗にする場所がお風呂しかないのですね。しかもお風呂のスポンジで、お尻を拭くのは気が引けます。なので、ウォシュレットは是非リフォームをするなら付けたいですね。
リフォームしたい場所2点目は「お風呂」ですね。私の家のお風呂は「暖房」と「冷房」の機能が壊れてしまっていて使えないのですね。なので夏は冷房が効かないので暑い。冬は暖房が効かないので寒い。これだと体に悪いので、まずは暖房冷房がしっかり発動するように、お風呂をリフォームしたいです。
リフォームしたい場所3点目は「茶の間」です。私の家の茶の間はとても狭いので、なんらかのイベントがあって親戚やお客さんが来るときはセマセマな状態になってしまいます。なので茶の間を巨大化させたいです。

在宅仕事をすることになりリフォームしました

今まで堺の会社に勤めていましたので、家は帰ってきてご飯を食べて寝るだけのためのものでした。しかしこのたび在宅で仕事をすることになり、同じ堺に住む私は半年くらいは普通に家で仕事をしていたのですが、徐々に「ここがこうだったらもっと快適になるのに」と思うことが増えてきたのです。堺の家にいる時間が増えたからだと思うのですが、自宅に対しての希望が出てきてしまいました。
仕事の部屋には基本的にパソコンや仕事に伴う機器などを設置しているのですが、それを置くためのスペースや部屋に熱がこもってしまうのでそれを逃がすための装置もしくは窓のようなものがほしくなりました。そこで、私と同じ仕事を在宅でしている人から話を聞き家を見せてもらいリフォームを始めたのです。機器の使用時に出る熱を逃がす耐熱シートや逃熱シートを張ってもらい、なおかつ熱がこもりづらい形にしてもらいました。窓も作ったのですが空気の循環がうまくいくように180度向かい側にも窓を作ってもらい、熱がこもらないように出て行きやすいようにリフォームしました。
仕事の手が空いたときにちょっとだけ観ることができるように小さなテレビ台もつけてもらいましたし、自分が仕事をするスペースですので、自分が快適に過ごすことができる空間を作ってもらい堺の自宅をリフォームしてもらいました。

二世帯住宅のリフォームについて

私にはもう結婚した息子が堺に住んでいるのですが、最近になって息子が一戸建てかマンションを買う予定でいるということを聞いて、私としては一人息子なので堺で二世帯住宅を検討しているのですが、二世帯住宅で以外にありそうでないのが、浴室なんです。洗面所や洗濯機置き場、トイレは2つずつあるのですが、浴室が2つあるところがなかなか見つかりません。
1件あったのですが、部屋の数が足りなくて断念しました。今はまだ探している最中ですが、将来的には一緒に住みたいと考えています。将来といってもそう遠くない将来ですので、浴室を増築するにはいくらぐらいかかるのか調べてみたのですが、様々な答えがありまして結局は分かりませんでした。やはり、実物の物件を見てもらい見積もってもらうしかなさそうです。ここのところ堺でなくてもかなりお値段の方も高くなってきています。
そうなるとどうしても中古の物件を探すしか手段がなくなってきて、リフォームは浴室だけでなく色々なところをリフォームしなければならなくなるようです。でも、リフォームをして理想的な家になるなら、悔いのないようにきちんとリフォームをしたいと考えております。1番いいのは注文住宅がいいと思うのですが、予算的にあえば注文住宅を選んで、最初の段階でリフォームするところは頼んでしまうか、堺で築浅の中古一戸建てを選んでリフォームするか悩んでいるところです。

おすすめ情報

NEW2016年11月09日
リフォームの本当の利点とはを追加しました。
NEW2016年11月09日
家族構成で変える住まいのリフォームを追加しました。
NEW2016年11月09日
今リフォームしたい場所のことを追加しました。
NEW2016年11月09日
リフォームの準備が非常に大切ですを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP